ブレンドを作ってみませんか

ブレンドとは、コーヒーをストレート(単品)で飲んだ時、苦味・酸味・コク が足りない
  バランスがとれない、といった場合、2種類以上の豆で配合することを言います。
 自分の好みに合った自分だけの味、作ってみませんか。
例えば、ブラジルを深煎と浅煎の豆を混ぜるだけで、苦味・酸味のバランスのとれたブレン
  ドが出来ます
**変わったブレンド**1種類の豆を使う
この場合のブレンドは、酸味の豆・中性的な豆・苦味の豆を配合しなけばならない。

 一般的なのは、4:3:3、失敗が少ないのは、6:3:1、5:3:2、大事なポイントは
  何をベースにするかを決めてから配合します。
  ○酸味の強い豆…キリマンジャロ・モカ・ハワイコナ・グァテマラ・ケニア・コロンビア。
  ○中性的な豆…ブラジル・ホンジュラス。
  ○苦味の豆…ジャバロブスタ・マンデリン・トラジャ。
  *但し全部中煎で焙煎した場合の味 











ブレンドはやっぱり最後の1口まで「美味しかった」で、終らなければならないのです。冷
  めても味が変わらず、美味しく終れるブレンドを目指して皆さんも挑戦してみませんか。
 **合わせてはダメな豆**
性質・相反する豆を組み合わせる。

 古典的なブレンドで、モカ.ジャバブレンドがあり、モマタリ50%(酸味)ジャバ50%
 (苦味)であるが、この場合の問題点は、どちらかの味をベースに決めないと個性が出ない。
   理想的には、8:2、7:3の比率にした方が、失敗が少ない。